おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつから、いまから。



昨年通して行った実験結果により、

まず夏には無理だと判った着物365日計画。(汗疹に勝てず。泣)

その分冬季前後に集中することとし、

現在も乳母になる日以外はちゃんと毎日着用しています。

ヘタすると遠出もやります。



DSC_5220.jpg


我ながら、

なかなか感心。


昨日、

色々とお世話になっている浮羽のshop ”ぶどうのたね” オーナー御夫妻が

わざわざこんな遠いうちまでお越しくださいまして、

楽しい一時を過ごしました。


ぶどうのたねは雑貨&ギャラリーが有名ですが、

実は “きもの田中屋” というマニアには垂涎のアイテムを誇る

たんまらない呉服屋さんが主体です。


日本の伝統文化である着物。

その下支えを担ってくださる職人さんへの熱き想いを伺う度に

心の底からぐわんぐわん揺さぶられます。

うなづきすぎてムチ打ちになりそうなくらい、共感します。

着物生活に足を踏み入れてしばし、

そろそろわたしもオススメする側にまわらなければという気持ちさえ沸いてきます。

未熟者のくせに・・・。


今まで、長年洋服で暮らしていてあまり考えたことのなかった

色の世界。


例えばこの季節になると和装では桜や木々の新芽、

透きとおりはじめる空の色を着物に取り入れる。

そうして日本人は日本人らしい感性を養ってきたと聞きます。

1枚目の写真は桜で染められた着物に桜で染められたショール。

ベタベタの組み合わせですが、

ここから更に新芽を想像させる帯揚げなんぞ足していきます。


DSC_5226.jpg


そして更に帯や生地も季節との相性を考えます。


色遊び・布遊びは面白いものです。

遊ぶためには窓の外を見なければいけません。

今日の空の色は?山の色は?何の花が咲いている?

窓を開けて空気に触れてみなければいけません。

ちょっと寒いな、暑いな、乾いている、湿っている、と。



DSC_5227.jpg


着物生活始めますと日記に書いた時、

「私も年齢を重ねるにつれ、着る物と自分のギャップに考えさせられています」、

「いつか毎日着物で暮らすのが夢です」とお話くださった方が数名いて

自分のことのように嬉しく思いましたし、怖いくらい共感しました。

でも、田中さん御夫妻にお話を伺う度

着物の世界にもう「いつか・・・」は存在しないのかもしれないと憂慮しています。


安い外国産の絹や着物に押されて仕事が減り、

職人さんたちは次々とその技術を封印しているそうです。

もう食べられないからです。


そういうお話を耳にする度、

「自国の民族衣装・伝統文化を他国に依存している国が他にあるだろうか・・・」

いや、もはや依存ではなく丸投げになっていることを知らなかった自分を恥じます。

そして、

今のわたしたちが着ない事により

後の女性たちの「日本の着物を着たい」という願いを絶ってしまうのかもしれないとまで。

大袈裟に聞こえると思いますが、

多分現実になるでしょう・・・このままではきっと。

「いつか・・・」と思っているうちに無くなっていた、そんな悲しい日が。


田中さん御夫妻は

着る側にも作る側にも「いつか・・・」ではなく

「いまから・・・」を応援してくださる稀有な存在です。


お金をかける必要はありません。

おばあちゃんの、お母さんのお下がり、

わたしは御近所さんのお下がりで十分楽しませてもらっています。

浴衣1枚でいいと思います。

そうやって “何故か敷居の高い民族衣装” との距離を縮めていく人が1人でも増えたら

年老いた職人さん、若く志を持った職人さんの卵は

笑顔でお仕事を続けてくれると思うのです。


さぁ、皆で Let'sフネさん!



-8 Comments

yu-king says...""
日本の色彩、素敵ですよね~。
甕水色、、なんてあるんですよね。
甕(かめ)に溜めた水の色なんて、気づいた昔の人の感性って!!
2010.03.10 14:02 | URL | #mQop/nM. [edit]
ayu says...""
こんにちは。コメントは久しぶりです。
元気そうでよかったです(笑)
きもの、大事にしたいものですね...
でもほとんど着たことがないのが現実。
わたしも浴衣のフネさんくらいにはなって、
日本の文化を忘れないようにしたいものです...

↓こんなすてきな灯台あるんですね!
2010.03.10 15:35 | URL | #6WfAwO3. [edit]
Sue says...""
yu-kingちゃん。

瓶覗(かめのぞき)色とかとも言いますね。
そう、私も全く知りませんでした。
ペールブルーなんて言葉の方が聞き慣れてました。お恥ずかしいことです。

もっと感性を磨かねばと思います。
もういい年なんですもんね(苦笑)。。。

2010.03.10 17:27 | URL | #aE8nS3mY [edit]
Sue says...""
ayuさん。

御無沙汰して本当にすみません。
コメントくださって嬉しいです♪

「動きづらい」「着付けが面倒」
本当にそうなのか色々実験していますが、
慣れれば意外と快適です。
日々の生活の中ではなかなか思うようにいかないと思いますが、
どうぞ浴衣のフネさんからはじめてみられてください。
仲間は多いほど楽しいですから♪

灯台。
実は結構面白いアイテムですよ。
たいていのところは猛烈に風が強いので
冬はかなり辛いですけど(苦笑)。。。。
オススメ灯台が見つかった時は是非御一報ください。行っちゃうかもです♪
2010.03.10 17:34 | URL | #aE8nS3mY [edit]
ekko says...""
先日の卒業式。着物のお母さんがお一人。
「ワ~、やっぱり着物っていいわね」と声をかけると、
「うちはお宅と違って息子ばかりだから、残しても着てくれる人がいないでしょ。もったいないから・・・・」と。
入学式には着たんだけどな・・・。やっぱりがんばって着ればよかったと、後悔しましたよ。

フネさんにはなれそうもないけど、少しでも日本の文化をつなげる努力をしたいなと思いましたよ。
2010.03.10 19:57 | URL | #BjIfNwW. [edit]
Sue says...""
ekkoさん。

お子さんの卒業式でしたか!おめでとうございます。
いつもお会いしている娘さんですか?

春の良き日、我が子の節目に着物姿の母。
私の時代にさえもう少なかったように記憶します。

自分の母の着物姿は覚えがなく、
やっぱり、着物=ばあちゃんでした。

次の良き日には着物姿のekkoさんが
「着物っていいわね」と声をかけられるのを想像していますよ~~♪

(間違いなくekkoさんは着物美人!!)
2010.03.10 20:50 | URL | #aE8nS3mY [edit]
yumi says...""
はじめまして!
いつもお邪魔させて頂いていたのですが、文面を読ませて頂き、感動のあまり初コメさせて頂きました。

私も着物が大好きで、好きが生じて着物の販売に携わっています。

今の仕事(着物アドバイザー)柄、職人さんや作家さんと共に仕事をする事が多いのですが、年々厳しさが増すようです(悲)
(↑)本当に丸投げ状態です。

「お着物」=「置物」と冗談で、お客様とお話をするのですが、「置物」とならないように、一人でも多くの「フネさん」が現れる事を、切に願います。

長々とすみません><
またコメント残させて下さいませ^^

2010.03.11 14:17 | URL | #- [edit]
Sue says...""
yumiさん。

はじめまして♪
あまり小まめに書いていない日記ですが、
お寄りくださっていたそうで、ありがとうございます。
とても嬉しいです!

着物関係のお仕事、素晴らしいですね。
そしてとってもうらやましーーー。

yumiさんも日々日本の着物の行く末を
危惧しておられるのですね。。。
きっと私なんかよりもずっと肌で感じておられることでしょう。
何だか心が痛みます。

置物ですか・・・
まさにその通りになりつつありますね。
だからこそなるべく敷居を低く低くと頑張っておられる職人さんも多いとか。

頼りないまだまだひよっこのフネさんもどきの私ですが、
このままいつか本物になれるよう頑張りたいと思いますので
良ければ背中を押してやってくださいね。

またお話聞かせてください。
2010.03.11 20:04 | URL | #aE8nS3mY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。