おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のおくりもの



突然何の知らせもなしに、

あったかい便りが届くんだな、

一番嬉しいおくりものをするんだね、

お母さんって。


DSC_4771.jpg



美恵子母さんありがと。

何度も何度も登場ですが、

明石農園の保さんはわにさん(夫)の師匠、美恵子さんは私のお母さん。


お2人は今や友人を通り越した大事なひと。


毎年「そろそろおでん」となるや、

何の能力なのか保さんのコンニャクがやってくるという・・・超常現象が起きます。

「信じるか信じないかはアナタ次第」=やりすぎ都市伝説風



DSC_4774.jpg


でも、あまりにも超常すぎて必ず失敗するのが・・・

今週もおでん準備をと日曜にスーパーへ行った際、

悩みつつもちっともそそられないコンニャクを買ったこと。

失礼にも売り場で「保さんのコンニャクが良いけど、しょーがねーなぁ・・・」とぼやくワニ一頭。

すると・・・・

ワニのぼやきが届いたのか、音沙汰もなしに翌日には保コンニャクがっ!

当然小躍りする夫。ありがとーごぜーます。


去年も全く同じだったんだよね・・・(苦笑)。

「次からは保さんのコンニャクが来てからおでんの材料を買いに行くことにしよう!」という

わにさんの提案に深くうなづいたのでした。


これがワニも踊る“保コンニャク”。



DSC_4776.jpg


何がすごいって健全な土で、健全な芋を作るところから始まり、

健全な人が誠実に手作りしてること。

保さんの愛がぎゅうぎゅうにつまってプリプリしてる。



他にも必ず入れてくれる常備菜や、加工品も全て2人で育てて作ったもの。

お餅の袋を見た時は得も言われぬあったかい気持ちに。

よもぎ、黒ゴマ、玄米の3種のお餅。

ゴマを擦る、よもぎを摘むちっちゃな美恵子さんの姿が見える。




DSC_4779.jpg



下は里芋の”親芋”。

普段スーパーに売っているのは“子芋”です。

実は親芋は味が濃くてとても美味しいのですが、

これは育てていないと味わえないんですね。


DSC_4778.jpg


こうみえてサイズはソフトボール級。

いや、それより大きいのも普通。



さりげなくて、限りなくあったかくて、

押しつけも見栄もなく、

開けた瞬間に笑顔になって、そしてちょっと泣きそうになって、

そんなおくりものをいつか出来るようになりたい。


保さん、美恵子さん、


いつも優しくしてくれてありがとう。

あったかい愛をありがとう。





+あかおによりお知らせ+


明日ささやかながら自宅ショップ再開です。


12月の予定は

3・4・10・11・17・18・25日

14:00~17:00OPENです。

場所など詳しいことは、

以下のサイトにてご確認の上

遊びに来ていただければ幸いです。


あかおにのお店  roux monstre



-2 Comments

ekko says...""
素敵な贈り物。
気持ちが伝わりますね。
何処にも売っていない高級品ですね。
おでんの季節到来。
心も体もほっこりほっこり・・・・。

さて、ショップ再開のお知らせ。
早速職場で仕事の調整をします。
なるべく早く行きたいなぁ~!
2009.12.02 19:50 | URL | #BjIfNwW. [edit]
Sue says...""
ekkoさん。

ekkoさんちもきっと自家製の親芋召し上がっていることでしょうね。
何処にも売っていないものって、
実はとてつもなくありがたいものなんだなって
コメント拝見して気づいた次第です。

ほんと、高級品です。

お忙しい日々の中、
お仕事の調整までして来てくださるのかと思うと
申し訳ない気持ちですが、
どうぞご無理のないよう遊びに寄っていただければ
嬉しいです。

いつでもご都合の良い時に
お待ちしていまーす♪
2009.12.02 21:21 | URL | #aE8nS3mY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。