おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな花


そろそろ秋バラも数が少なくなり、
夫の畑に咲いていた花たちも終わりを告げているようです。


P10401902.jpg



いつも畑に行くと
適当に花を摘んできてくれますが、
今回は野草。


昨日畑に行ってみると、なるほど。

もうハーブはローズマリーの花のみ、
コスモスが枯れかけて他に花と思しきものは野草のみになっていました。

これから春まで
ハーブはちょっと可哀想な姿になります。
バラは冬眠してしまいますし、
お花と呼べるものはお花屋さんでしかお目にかかれなくなります。

ベランダが寂しくなるので、
ビオラやナデシコ、ローズマリー、クリスマスローズを鉢植えにしていますが、
やはり春や夏のように華やかな感じではなく
どこか寒さに耐えてじっとしている印象の花が多いですね。
でも、実はそんな花の方が好きなんですが♪

冬の間も強く咲いてくれる花があると
寒くても、近くで見よう!外に出ようという気にさせてくれますから。

さて、小さいけれどとても可愛らしいこの野草。
よく見かけるけどあまりじっとは見ていなかったなぁ・・・。

“君の名は・・・?”

どうやらちゃんとした名前があるようです。

“ユウガギク”(柚香菊)

柚子の香りと付きながら、
実際は香らないらしいです。
じゃあ、何故この名になったんでしょうね・・・。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rouxmonstre.blog56.fc2.com/tb.php/61-32ac0bfa
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。