おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crocus sativus


いわゆる“サフラン”です。


23104015_edited.jpg



カレーの時に添えるサフランライスや、
パエリア、ブイヤベースに欠かせない香辛料ですね。


蘊蓄はさておき、
一昨日夫が畑から収穫してきました。

パエリア&白ワイン(いきなり・・・)の組み合わせは最高です。
でもその為に必要なサフラン、
お値段をみてびっくりしませんか?

スーパーのスパイスコーナーに並んでいるビン入りのサフランは、
吹けば飛ぶような量しか入っていないのに
他のスパイスと1桁違うんですよね(涙)。

「こんな量じゃ足りないし、高いよ・・・。」とつぶやいていたら
夫が畑に植えてくれました。

球根で買って植えれば、
意外にも手間要らずで結構な量が収穫できます。
しかも毎年!これはお得ですねぇ♪

花の色も見入るほどに美しく、
「1本いくらなんだろう・・・。」などと不埒な事を考えながら雌しべを観察。

・・・・・コラコラコラ。

料理などに使う部分は
赤く長い3本の雌しべなので、
花ごと摘まずに雌しべだけをプチッとちぎれば
しばらくは花を観賞することも可能。

採った雌しべをザルの上に広げて
窓越しに乾燥させます。
外で乾すと風に飛ばされてしまい、
後から見に行って泣くことに・・・・(ToT)/~~~

まだパエリアを作るにはもう少し量が必要なので、
「早く食べた~~~い♪」という方は
ケンタロウさんの本に載っているレシピが簡単でお奨めですので
作ってしまいましょう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rouxmonstre.blog56.fc2.com/tb.php/56-8a30602d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。