おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花より



花を買うといつもよりしゃんと背筋を伸ばしたり、

ちょっとニコニコしたり、

料理に手が込んだり。


IMG_93432.jpg


結構いい効能あるのに。





哀しいかな主婦の業。

鉢植えはまだしも切花になると

「数日で枯れちゃうのにこの値段・・・ありえない。」と思っちゃって

切花を気前よく買ったりなんて出来ません。


今日は切花をたくさんお部屋に飾るのだーと

勢い勇んでお花屋さんに行っても1本単価に怖気づき、

ほんの数本買っただけで

結局は大半「食べられる物」を買ってたり・・・。


最近は待合室に2週毎お花を届けてもらうようにしています。

そのお蔭で花を切らさない事に慣れ始め、

自分だったら偏りがちなセレクトもだんだん幅広く楽しめるようになってきました。


でも問題はアレンジ。



IMG_93602.jpg



食べられない切花を3000円分買うなら

食べられる物を3000円分買ってしまう、

“仮屋崎氏より女性らしくない”Sueさんは知人に習っていた生け花を

3日でリタイアした男らしい人なので

もちろんアレンジメント教室になど通った事ありません。

好きに選び、どさーっと(どさっと買う勇気があった時限定)盛り付けるだけ。


でもよいのです、これで充分嬉しいのです♪


それに比べて男子って、(男子・・・)

わりと何も考えずにお花をどさーっと買ったりしませんか?


うちのワニさん(夫)。


IMG_93482.jpg



昔からよく仕事帰りにお花を買ってきたり、

今も畑からハーブを摘んできたり、

一昨年の誕生日にはこっそりホームセンターに行って

自分でポット苗を鉢植えに植え替えた物を5つもプレゼントしてくれたり、

買おうかどうか迷っていると後から

「いいじゃん、買えば♪」とふつーに言ったり。


結構花に関しておおらかなんですよね。



男子の方がロマンチックなのか・・・と思うと、

ちょっと悲しいというか悔しいというか。

おネエMANSさんたち(注:パートナーのみ、ググる)を尊敬の眼差しで見てしまう今日この頃です。


つい食べられる物にシフトしてしまう正しい主婦の皆さん。

男子に負けじと

一輪買ってみませんか?





IMG_93572.jpg



黄色が多い“カンガルー・ポー”

赤というよりボルドーのような深い深い色が秋っぽい。

お花!ばかりではなくこういう脇キャラ的お花とか、

それのみ見たら「勿体無い」と思ってしまいそうな葉っぱモノとかを

清水買いすると全体的に良い雰囲気になるのだなぁと

今更ながら学んだのでした。


カーリーに負けない!











-2 Comments

Sueさんのパートナー says..."Sue&Wani 様。"
わーんっ。
SueさんのパートナーのパートナーはWani人類科に属しているけど
フランス人の癖にお花をプレゼントしてくれたことは1度だけ。
しかも育てるのが難しい鉢植えの蘭。
修復すべき尽くしたけど、今朝天国へ・・・。(泣)
ブーケを手に、帰宅したことは一度もなく、立ち止まることもない・・・。
"お花"に関しては
Waniさんと"Sueさんのパートナーのパートナー"くんには違いがありそうです。
そして
"Sueさんのパートナー"は切花よりも、鉢植えで
鉢植えよりも、ケーキかな?(最近買ってないけど・・・)

そろそろツリーを飾りまーすっ。

*フランスはめちゃくちゃ寒いです*
2007.11.19 05:01 | URL | #- [edit]
Sue says..."my partner"
あら~、
完全なるコピー体かと思いきや
一応違う部分もありましたか(笑)。。。

蘭はねぇ・・・・素人にはちょっと厳しいですねぇ。
それを大切に育てるのって試練かも。
でも蘭のプロに聞いたところ
あれは天国に召されたように見えて
実はそうではないことが多いらしいけど・・・。
かといってそこからまた元気に咲かせるのは
私たちには無理かな。

ツリー♪
うちもそろそろそろそろと言いつつまだなんですよねぇ。
寒くなってきたから本当に出そうっと。

温かくして、風邪ぶり返さないように・・・☆ミ
2007.11.19 08:17 | URL | #aE8nS3mY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。