おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春待つ海



窓から漂う潮の香と、

差し込む日差しにまどろむ君。


IMG_66125.jpg



永遠に大人しくなるような気がしなかった子供の頃。

そんな日があったことすら忘れてしまうほど、

すっかりおじさんになりました。


IMG_66573.jpg

輝いていた黒毛は今や白髪となり、

何もかもを悟ったような顔でいつの間にか私達より大人になった。

あとどのくらいこうして一緒に過ごせるだろう・・・

忘れていた事だけど、忘れてはならない事。


ご近所の友人K君のお姉さんが白血病に翻弄され亡くなりました。

まだ40代の若さで・・・。

K君はこの数年間、親族の中で唯一骨髄を提供できる人として、

お姉さんのいる東京へ通っては数度移植を行ってきました。

しかし神様は時として人々の願いや努力を見落としてしまうのでしょうか・・・

あんなに一生懸命頑張ったのに。

「自分の軟弱な骨髄が、思ったような成果を出さない」

「オレしか姉ちゃんを救えないのに・・・情けない」とこぼすK君の

話を折に触れただただ聞くしか出来なかった私達。

身近にそういう人がいるのに、何も出来なかったもっと軟弱な私の体。


先日仕事を再開したK君に遇い、

お香典返しは骨髄バンクへ寄付するのだと聞きました。


自分が大好きな人と別れる哀しみを思い、

そういう人が1人でも減りますようにと心から願います。


IMG_66443.jpg

春はあともう少し。


 

-6 Comments

ticco says...""
sueさん、こんにちは。
人間って生きていくことはとてもむずかしいのに。

わたしも最近、大好きだった方が亡くなり、
それからぽっかりと大きな穴が開いています。
予測していなかったから、反動は大きく、
なかなか前向きな考えになりません。

でもそれでは亡くなった方は心配ですよね。
わたしだったら、元気で居て欲しい。
お友達のお姉さんもきっとそうだと思います。

お友達にもはやく春が来ますように。
2007.03.07 18:15 | URL | #- [edit]
Sue says..."ticcoさん"
ticcoさんにもそのようなことが・・・。
時間が解決すると言うけれど、
どのくらい経てば和らぐものなのか
誰にもわかりませんよね。

でもticcoさんが仰るとおりだと思います。
生きている者は
生きたいけど生きられなかった人の分まで
あらゆることに対して前向きに
頑張っていくしかないのだと。

生きていく事と死んでいく事は
同じように辛く苦しいことなのかも。

ご自分が心を痛めている時に
エールを贈ってくださるticcoさんを思い、
涙が出ます。

今年の春が真っ先に
ticcoさんとK君の元へ訪れますよう。
2007.03.07 18:57 | URL | #aE8nS3mY [edit]
スーママ says...""
お久しぶりです。わんちゃんの幸せそうな寝顔ほんとにいやされます。
それから40代の若さで天に召されたk君のお姉さま、ご冥福をお祈り
致します。お姉さまのために数回も骨髄移植をされたk君とっても強くて
立派だとおもいますよ。私などの年齢になりますと周りの者が一人又
一人と亡くなっていきます。一年半まえに亡くした愛犬の悲しみから少し
立ち直れたかに思えた去年の暮れに母と親友を相次いで亡くし暫くは深い
悲しみから立ち直ることが出来ませんでした。それでも私たちは生きていか
なければなりません。前を向いて頑張るしかないのです。でも人生悲しい事
ばかりではありません。いつのまにか孫が三人に・・・・・命の誕生、これほど
素晴らしい事はありません。このちび達の成長を見られる喜び、幸せなのかな~。sueさんもたくさんのわんちゃんに囲まれて楽しい日々を送っていらっしゃるのでしょうね。いつかこっそり広いお庭とわんちゃんと楽しく戯れているsueさんを拝見したいものです。

2007.03.08 21:54 | URL | #- [edit]
Sue says..."スーママさん"
お話伺って、色んな事を考えました。
みんなたくさんの哀しみ・別れを乗り越えて
頑張っているんだなぁと。。。

そして必ず誰かとつながっていることや、
可愛い命に受け継がれている喜びも。

スーママさんがこうしたコメントを下さるまでには
私が想像だに出来ぬ辛い日々があったのですね。
お母様、親友の方、そしてスーちゃん。。。
みんなが天国の同じ場所で楽しく暮らしていることを
固く信じています。

K君へのエールも、本当にありがとうございます。
間違いなく本人にお伝えします。
きっときっとうなづいてくれると思います。

大して広くもない庭と
犬だらけのところで宜しければ、
こっそりなどと言わずドーンと見に来てください。笑
その時はこのマル君がディープなキッスで
お出迎え致します♪

またお話聞かせてください。

2007.03.09 07:55 | URL | #aE8nS3mY [edit]
K君 says...""
みなさんに、感謝します。
心、安らぐコメント  本当にありがとう。
今は、ありがとう、ほんとうに。
                  kより
2007.03.10 05:53 | URL | #- [edit]
Sue says..."K君"
ごめんなさい、
ちょこっと違う場所にコメントが入っていたので、
ここに移させてもらいました。

コメントありがとう・・・♪

これからも
町の人気者、明るいK君として
お仕事頑張ってください。

またNちゃんとこで一緒に一杯やりましょう!
2007.03.10 05:57 | URL | #aE8nS3mY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。