おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生工場





お宝ミシンの話はしましたが、

こちらはもっと前にGETしたお宝。



町の中学校が建てかわる時に、

捨てられた医療棚です。



もちろん学校の保健室にあった時から

こんなにメルヘンな状態だったわけではなく・・・。

最初は、それはそれは悲惨な状態でした。

天板には穴が開き、

背板も生徒ががうさ晴らしにパンチか!?というくらいのでっかい穴が。



引き出しは無いし、

雨ざらしだったために色は白ではなくボロボロで灰色に・・・。



でも、「タダ」!!!

じ~~っと眺めてどうやれば息を吹き返すかを必死に考え。。。。



と、ここまで書くと私がものすごく頑張ったように聞こえますが、

色塗り以外のメンテナンスは夫の努力です(T▽T)。



取っ手、引き出し、

新しい天板を飾り切り加工して乗せ、

中に電球を仕込んだのも全て。



男性ならではでしょうか。

ご丁寧に手元スイッチまでつけて。



欲しかった医療棚。

買わなくて良かったバンザイ!



ご立派にも中の仕切り板は全てガラス製でした。

お陰で白熱球の明かりが

下段まで届いて棚自体が間接照明として使えます。





昔の物ってホントに可愛い工夫がたくさん詰まっていますね。



なのにゴミになっちゃうんです・・・。



新しくなった中学校に行く機会があり、

保健室に立ち寄ってみたら

そこにはスチールの何の味気もない

ピカピカの医療棚が無機質に置かれていました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rouxmonstre.blog56.fc2.com/tb.php/188-123fa570
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。