おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いた赤オニ





私たちは、

元々2人とも全くこの地に縁がありませんでした。

ただ静かで自然が多く、

わんこを好きなだけ自由に遊ばせてやりたい・・・



それだけの理由で田舎暮らしを選択しました。



一目惚れしたこの場所で

それはそれは楽しい毎日・・・ばかりだったわけではありません。



町の人たちは、

とてもとても私たちを手厚く歓迎してくださいました。

お年寄りの多い土地なので、

採れた野菜や、魚、果物からお花まで、

何でも分けてくださったり♪



夫が趣味で野菜やハーブを育てるようになると、

無償で600坪もの畑を貸してくださったりm(__)m



突然やってきた得体の知れないよそ者を

本当に大切にしてくださったんです。

なんてありがたいことだろうと思うことがたくさんあります。



でも、

町の方たちはなかなかご近所さんの枠を超えようとはなさいません。

(それは、どの地でもだいたい一緒だとは思いますけど。)

毎日話し相手は夫かわんこ。

『人間の言葉、忘れるんじゃないか・・?』

そんな日々が随分続きました。



まさに



『泣いた赤オニ』。。。



子供の頃、涙しながら読んだお話です。

村人と仲良くしたい赤オニが美味しいお茶やお菓子を用意して

皆を家へと招待しますが、誰も怖がって来ない・・・。

しかし青オニの友情が功を奏し、

最後には村人と赤オニは仲良くなれるという。



まぁ、青オニには可哀想な結末なんですけど。



最初の頃の私は赤オニでした。

『うちへどうぞ♪』とお誘いしても、皆さんどうしても遠慮なさる。



でも私がトールペイントをやってるという事が知れると、

町の奥さん達に僭越ながらお教えするという機会が訪れ。。。



そして、今ではハンドメイドつながりでとても大切なお友達が

この地で出来ました♪



何かをするということは、

こんなにも有難いチャンスに恵まれるというメリットがあるのかもしれません。



shopでお付き合いさせていただく沢山の方とも出会え、

本当にありがたく、充実した日々を送らせてもらっています。



もう赤オニは寂しくないのです。



だから、

赤オニは何とかその気持ちをお伝えできたらと

小さな脳みそをフル回転させています。



お品にも出来る限り感謝の気持ちを添えたいと思っていますが、

届いてなかったらごめんなさい~~m(__)m



今日の海は凪いでいます。

見てくださった方のこころも静かで穏やかになりますように・・・。




















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rouxmonstre.blog56.fc2.com/tb.php/186-4c1345e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。