おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タベルコト





野草、わかりやすくいうと雑草。







食べた事ありますか?





今日は、美恵子さんちの食卓編です。



この間お邪魔した時のランチ。



一言でいうと

『野草ランチ』です♪



とっても種類が多くて、

はじめて食べる料理に大感激でした。



大豆のホモス

ひよこ豆のサラダ

野生三つ葉のおひたし

ハルジョオンのゴマあえ

野草の天ぷら  (野生ウド、ハナイカダ、よもぎ、スギナ、たんぽぽ)

玄米&雑穀の混ぜご飯 

ご主人のお豆腐

石釜パン



酒類いろいろ・・・・♪





『食べられるの・・・?』と

思う方もいらっしゃるのでは^^。



私も一瞬そう思いました。



でも、普通の山菜料理や

ポテトサラダなどと

何ら違いなく、

これがものすごく美味しいのです。



ただただ驚くばかりです。









これ、スギナです。



・・・・あの土筆の成れの果て^^



衣は、全粒粉に塩と水それだけ。

サクサクで味にくせが無く、

スナック菓子のようでした。











子供のおやつになるような、

香ばしい一品で美味しさにビックリ!



食べられるんですねぇ・・・何でも。

昔は、料理をするときにレシピ通りにやらないと気がすまなくて

『あれがない、これがない』と言っては

買いに走っていたのですが、

美恵子さんのお料理をいただくようになってから

『あるもので、美味しくしよう』を実践するようになりました。








玄米&雑穀の混ぜご飯には、

ご主人の作ったしょうがの味噌漬けが程よいアクセントになり、

プチプチした食感の玄米や雑穀の香ばしさに

お箸が止まりません。



あ~♪

本当に美味しい。



これが旬なんですね。

私たちが良く知るタラの芽やゼンマイなどの山菜も敷地内に

わんさと生えているのですが、

そのシーズンが過ぎ畑の野菜が育つまでの間、

こうやって今ある素材で料理を作る。



私たちが到着したとき、

ご主人が色んな野草を摘んで裏山から出てこられました。

手に持ったザルには取ったばかりの野草が・・・。



こんなおもてなしが出来る人になりたい。



美恵子さんから聞きました。

何もないところで料理をするのは、

ものすごく時間がかかると。



雑穀や豆、野草は下ごしらえも大変なんです。

でもそれでもご飯を作らなきゃならない。



だから、

朝ごはんが済んだら昼ごはんの用意、

昼ごはんが済んだら晩ごはんの用意・・・。

そうやって食べる為にゆっくりと準備をする。



本来、食べる事とはそういうものなのかもしれません。



もっと食べる事に時間が使えるよう、

上手に楽しんで毎日生活しなくっちゃ。。。。と思うのです。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rouxmonstre.blog56.fc2.com/tb.php/174-73a700fb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。