おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう上手



梅干が出来上がりました。

これは、

私の梅干を美味しいと言ってくれた

お友達の娘さんのところへ

行きます。







ありがとうの気持ちを込めて。





auctionに参加していた時も、

色々な方との出会いに感謝しておりましたが、

小さいながらもShopを始めてみて

ふと考えたことがあります。



「ありがとう」を上手に伝えられるようになりたい、と。



若い頃は全く考えもしなかった事です。

特にここへ来るまでは。



早いもので引っ越してきてから、丸5年が過ぎようとしています。

お年寄りと交流する機会が増えて気がついたのですが、

おじいちゃんやおばあちゃんたちは

とても「ありがとう上手」だなぁと思うのです。



ここへ来てほんの数日目。

フラフラと犬の散歩をしていた私たちに、

まだ名前も伺っていないおばあちゃんが

折れ曲がった腰をさらに深く折り曲げ

「よう、こんなところまでおいでなさいましたなぁ。」と

丁寧に丁寧に挨拶をしてくださいました。



・・・・驚きでした。

そして、おばあちゃんよりももっともっと

深く腰を折ってお礼をと思うのですが、

どんなに頭を下げてもおばあちゃんのような

心を打つおじぎにはなりませんでした。



同じように来て間もない頃、

夫が仕事で或る脚の不自由なおばあちゃんのところへ伺ったことがあります。

帰ってきた夫が「いただいたよ。」と

大事そうに200ml入りのパック牛乳を差し出したのです。



・・・・・?。



話を聴くと、

正午過ぎだったため

「まだお昼も食べてないだろうに、わざわざ来てくれてすみません」と

脚が不自由なのに夫の制止も聞かず

床の上を這って冷蔵庫まで行き、

「こんな物しかないけど・・・」と持たせてくださったんだそうです。

おばあちゃんのところへ行くのは夫の仕事でしたし、

行って当然の義務だったのに

その気持ちの何と優しく温かいことか・・・。



私はその話を聴いて、

夫に見られぬようこっそり泣いてしまいました。

でも夫もきっと同じ気持ちだったと思います。



そして2人で

「本当に来て良かった・・・これからもよろしくお願いします」という気持ちで

暮らして行こうと話しました。



それから5年も経つというのに

Shopのお客様や応援してくださる皆さんへ、

どんなに「ありがとうございます」の気持ちを込めて

mailを打っても、

到底おばあちゃんたちには敵いません。



もっともっと年を取り、

たくさんの感謝の気持ちを凝縮して

「ありがとう」と言える様になるまで

長い時間がかかるのでしょうね。



今はまだ「ありがとう上手」なあかおにではありませんが、

これからもどうぞよろしくです。



P.S.

この度もたくさんのご注文とお振込みをありがとうございます。

発送を昨日と今日の2回に分けさせていただいております。

Shopのinfoに状況をupしておりますので、

ご覧くださいませ<(_ _)>

便の関係で発送の順番が前後しています。

大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。



mailへのお返事が遅くなっております。

少しお待ちいただけますとありがたいです♪




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rouxmonstre.blog56.fc2.com/tb.php/125-dfbf6fd6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。