おにの手帖

手仕事、田舎暮らし。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のうた



マルが亡くなってから10日。

少しは目を腫らさずに過ごせるようになったのに・・・



IMG_00712.jpg


えらいことに・・・

スポンサーサイト

お家



マルの家が届いた。

天然木、漆喰塗りの瀟洒な家。



DSC_3968.jpg

その時父は・・・


酸素



必要にならないことを願いますが、

もしかしたらいつか誰かのお役に立つかもしれないので

忘れぬうちにちょっと記録を。


DSC_3792.jpg


酸素のこと。



探し物



“さがしものはなんですかぁ~”

朝から頭の中で流れ続けるこの唄。

必死で探してるんだけど、

無い・・・・。


maru.jpg


それは

マルとワニ



最後に。

ワニさん(夫)がマルへメッセージを書きたいと言った・・・。



DSC_3569.jpg


アナログ原人のワニさん初の試み。

がんばりました。



イルカに乗ったマル



とても潔く、強く、静かに。

最後は酸素も要らないといったマル。

きっと海の中でも雲の上でも息ができるようになっていたんだろう。




DSC_3925.jpg


もうイルカはいなかった。

マルを乗せていってしまった。

そのとき



6月7日朝。

わたしが目を覚ますとマルは自分のベッドからちょっと移動して、

吐き出し窓のところに寝ていた。

お腹がちゃんと動いていた、息をしてる。

呼ぶとゆっくり振り向いた。

看病する人間より先に起きていたらしい・・・。




DSC_3861.jpg


「おはよう、マル。」

昨日に続きetsukoさんも朝から来てくれた。

月とイルカ



マルは今日お骨になりました。

大きかった体は小さな白い箱に入って私たちと家に帰ってきました。

マルはまだココにいます。

ずっと私たちの家に。

彼の頑張りと

この2日間に起きた不思議な出来事を記憶力の乏しい飼い主が忘れぬよう、

もう少しマルの話を続けます。




DSC_3827.jpg

おやすみ・・・マル。


0202.jpg



神野さんに撮って頂いたほんの1週間前のマル。



今を大切に



“今を大切に”なんて、

頭ではわかってても本当は実感してなかったかも。

この年になるまで、

何も学んでなかったなぁ・・・と反省しきり。




DSC_3608.jpg


まだほんの5日前のマルとワニさん(夫)。

阿蘇・草千里にて

何を思ってたんだろう。


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。